モーツァルト

スポンサーリンク
音楽

2020年1月24日 東京オペラシティコンサートホール 読響シンフォニックライブ公開収録 第一部

運よく当たったので行って参りました。 事前解説では咲子さんが登場! 咲子さんは相変わらず素晴らしい美しさ。白いドレスがこれ以上なく似合っていて、首と腰に結ばれたリボンが瀟洒です。 解説ではホルン奏者はみんな眼鏡をしていて...
音楽

名曲アルバム「交響曲 第25番 ト短調」モーツァルト作曲

はザルツブルク紀行とモーツァルトの伝記を絡めた内容。モーツァルト17歳の時の作品。 この曲はやっぱり典型ですけど、曲の中で表現される感情表現に深みがあるんですよね。これはモーツァルトの生涯一貫して変わらないですよね。深みってこういう...

ららら♪クラシック モーツァルト、夜の女王アリア/心変わりは突然に

は「魔笛」について。 初演はモーツァルトの奥さんの姉妹の長女ヨゼーファ。 コンスタンツェは三女です。 怒りが燃えているのに綺麗な音楽だね~、などと宇野功芳先生の解説を脇に置いて聴いていたのですが、非人間的な超絶技巧を駆使することによって怪...
音楽

ベストオブクラシック~若き4人のピアニスト 8手の競演~公開収録 2016年8月11日NHK509スタジオ その8

次の小林愛実さんは モーツァルト デュポールのメヌエットによる変奏曲 K.573 で、特に得意というよりは周りとのバランスを考えて音数が少ない古典曲を選択したとのこと。 これはハスキルの得意曲で私はその録音を聴くことが多いのですが、そ...
音楽

クラシック倶楽部 スウェーデン放送合唱団 演奏会 レクイエム 二短調 K.626 (モーツァルト作曲)

いやー、きれいですねぇ。 ゆっくりしたテンポなのに、もたれた所がまるで無いのが良いと思います(笑) 「怒りの日」も実に遅いです。縦の線の勢いを削いでいるので、デモーニッシュな表現ということでは、それ程では有りませんが、普通の意味での表情はち...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました