AI

スポンサーリンク
AI

広瀬章人竜王VS三浦弘行九段 第69回NHK杯将棋トーナメント本戦

は青野流の出だし。 なんでもAI同士で対戦させて学習させると(AlphaZero)途中から後手は横歩を取らせなくなるらしく、それは青野流を指されて不利だという結論になったからであろうといわれています。 この戦型が横歩取りの結論だった...
AI

NHKスペシャル「徹底解剖 藤井聡太~“進化”する14歳~」

は藤井聡太四段の番組というよりAIの番組の様相。世間の皆様も将棋よりはAIに興味があるのでしょうね。 藤井四段については取り入れたのはここ一年のことだと言いますから、そこまでクローズアップして意味があるのかという感じも。 今のところ将棋...
AI

囲碁 アルファ碁、人類圧倒 最強棋士に3戦全勝 本因坊文裕(井山裕太九段)の話

()はなんかうまくコンピューターに攻略されないような将棋・囲碁対戦型ゲームを作れないかなと思いますね。大局将棋とか。
AI

李世ドル九段がアルファ碁に初勝利 人間対象のソフトウェア実験に批判も

()の4局目の人間の勝利は示唆的だと思います。 大優勢な囲碁を人間側の妙手を契機に混乱をきたして負けてしまったわけですが、機械の弱点が出たという評がある一方、私の感じですと、相手の妙手に裏をかかれて調子を崩すのは人間臭い。 ディープ・ラ...
AI

将棋 タイトル戦に「叡王戦」 八大タイトルに

()はやっぱりネットのコンテンツとして将棋に力があるということなんでしょうね。 パソコンの棋力向上で将棋界はすっかり変わってしまった感じですけど、得るものもあるのかもしれません。 テレビの企画でコンピューターの優劣の見解を画面上に表示...
AI

AI、名人相手にまたも奇手 将棋・電王戦第2局

()はやっているみたいですね! 後手のコンピューターの銀の動きは従来なかったもの。 立ち遅れそうだけど、歩を突かない分角換わりで隙が無いのか。 一手損角換わり的な発想ですよね。 なんとなく普通に指すことによって起きる最善手からの乖離を...
AI

第2期電王戦第1局開幕。雪化粧の日光東照宮で佐藤名人vsポナンザの勝負の行方は?

()はテレビで初手を観た時にびっくり。 人間同士の戦いだったらここで勝ちまで見通しが付くぐらい。 アドヴァンテージを得たかにみえる名人の選択は早繰り銀。 何かもっとストレートに棒銀で行って勝てないのかなと思いますけど、本譜も9七歩と垂...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました