2019-03

スポンサーリンク
音楽

世界的指揮者、札幌で滑って骨折 ハーディング氏、演奏敢行

はびっくりですね。お大事に……。     ・・・と思っていたら復活されたようで良かったですね。 音楽 ハーディング指揮MCO 室内楽的な緻密さ=評・大木正純     マーラー:交響曲第10番   ブラームス:交響曲第3番&a...

作って解いて、楽しみシェア 「藤井四段効果」注目度もアップ 第33回詰将棋全国大会

  ()はぱっと見の4九角に対して、合駒が限定されているのかと思って必死で考えたけどそういう作品ではないんですね。
スポーツ

柔道代表の愛称はゴジラジャパン 女子選手の反応微妙 その1

は確かに女子はかわいそうな感じですよね。なんとか女子の気分も良くなるような名前は無かったのかなぁ。 ゴジラジャパンは井上康生監督らしい名前だけれども、ラオウジャパンでも良かったでしょう?負け役だからダメでしょうか。商標登録の壁も...
AI

藤井四段、食後の1手で負け?将棋ソフトelmo評

()とコンピューターの分析に記事が出ていますけど、悪かったと指摘された手は横歩を取る手。電王戦でも名人が横歩を取って負けていましたけど、横歩を取るのは感触が悪いのかもしれませんね。余程条件がそろわないと。もうひとつ目の悪手は8四飛車のこと。...

藤井四段敗れる 30連勝ならず

()は残念でしたね。結局後手番の損が響いたみたいな将棋になりましたね。塚田恵梨花女流1級はせっかく必殺の8六角が当たったのに残念!かなりテンションが上がっていましたね。部分的に稀にある手ですよね。それでも結局届かなかったのでしょうね。将棋界...

将棋 藤井四段が29連勝 30年ぶりに記録更新

()はみていましたけど、3三銀成があっさりしていて面白かったですね。岐れは悪くないけど、アマチュア同士でやったら方針が立てやすい後手の方が勝率が高そうだなと思ってみていましたけど、6五桂以下うまく手を繋げましたね。優勢になっても直線的に決め...
AI

囲碁 アルファ碁、人類圧倒 最強棋士に3戦全勝 本因坊文裕(井山裕太九段)の話

()はなんかうまくコンピューターに攻略されないような将棋・囲碁対戦型ゲームを作れないかなと思いますね。大局将棋とか。
AI

李世ドル九段がアルファ碁に初勝利 人間対象のソフトウェア実験に批判も

()の4局目の人間の勝利は示唆的だと思います。大優勢な囲碁を人間側の妙手を契機に混乱をきたして負けてしまったわけですが、機械の弱点が出たという評がある一方、私の感じですと、相手の妙手に裏をかかれて調子を崩すのは人間臭い。ディープ・ラ...

将棋 タイトル戦に「叡王戦」 八大タイトルに

()はやっぱりネットのコンテンツとして将棋に力があるということなんでしょうね。パソコンの棋力向上で将棋界はすっかり変わってしまった感じですけど、得るものもあるのかもしれません。テレビの企画でコンピューターの優劣の見解を画面上に表示し...
AI

AI、名人相手にまたも奇手 将棋・電王戦第2局

()はやっているみたいですね!後手のコンピューターの銀の動きは従来なかったもの。立ち遅れそうだけど、歩を突かない分角換わりで隙が無いのか。一手損角換わり的な発想ですよね。なんとなく普通に指すことによって起きる最善手からの乖離を感じさ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました