スポンサーリンク
海外ドキュメンタリー

ナショナル ジオグラフィック (TV) 宇宙から見る人類の歩み 原題:Mankind From Space

は人類の歴史を俯瞰で総ざらい。 人類の3つの大きな飛躍は火を扱い始めたことと農業とワットの蒸気機関とのこと。 ワットって偉い人なんですね。 偉大な人類の歩みの中にコンテナの規格の統一を挙げるのがアメリカの番組らしい。地味だけど...
将棋

第69回NHK杯 広瀬章人竜王VS.三浦弘行九段

は序盤の優位を広瀬竜王(当時)が慎重に守り切った感じでしたね。 事前の研究で決する現代将棋らしい内容です。
国内番組

ETV特集「ダビンチ・ミステリー~知られざる“天才”の素顔~」

は BSプレミアム 世紀の大発見か ダビンチ「もう1枚の油絵」 の後半部分をスタジオの対談でつないだもの。 結局肖像画を描いてもらえなかったカテリーナ・スフォルツァはかわいそうだ。放擲せざるを得な...
国内番組

BS世界のドキュメンタリー「ダビンチ 万能の男が見た世界」

は一連の番組に続いて再びダ・ヴィンチの伝記。当然被るところもありますけどところどころ違う情報も。 どうもヴェロッキオが絵を描くのを辞めたというのは、ダ・ヴィンチの才能を認めたとともに、新しい油彩の技術をマスターできないと...
スポーツ

子どものヘディング、脳に悪影響? 英国では禁止広がる 遠田寛生、中小路徹、吉田純哉 2020年3月30日 11時00分

は日本もそのようにするべきだと私は強く主張します。 同じ様に相撲も特に成人以前の相撲では頭から強く当たるのを禁止するべきだと思う。 また、変化が卑怯だという観念を無くすことで自然にやみくもな立ち合いの突進を減らすこ...
国内番組

日曜美術館 狩野派 革新がつむいだ400年の美

は最近革新性が話題になることが多い狩野派について。 もうちょっと江戸中期以降の狩野派についても知りたかったのですが江戸前期までが扱われる範囲でしたね。 狩野永徳は「恠恠奇奇(かいかいきき)」といわれたらしく、現実を超越したも...
ラジオ

2016年10月18日荻上チキ・Session-22「ロックの精霊・ボブ・ディランは何を歌ってきたのか?」萩原健太×湯浅学

によると、ボブ・ディラン英語のネイティヴでもよくわからない歌詞が延々と続くが、最後に「ライクアローリングストーン」といわれると締まって分かるような気になる。カタルシスがある、とのこと。 現代音楽にちょっと構造が似ていますよね。現代音...
地球ドラマチック

地球ドラマチック「徹底検証!ティラノサウルス〜最強恐竜の真実〜」

ではティラノサウルスを徹底解剖。 尻尾の跡がないことから推測して体幹は直立しておらずかなり寝ていたらしい。そういわれればティラノサウルスの想像図がだんだん今に近づくにつれて水平気味になってきていたように思います。 それにそもそも尻尾...
スポーツ

10点満点がなくなった体操、コマネチの時代から何が変わった?【リオオリンピック】 体操を象徴していた10点満点はもう存在しない。正確にいうと、存在しないも同然だ。

今回のリオデジャネイロオリンピックではバイルズを観たかったんですがいろいろ探したんですけどみることが出来ず。 面白い競技でも放送されないのがあって、NHKにはぜひまとめて放送してほしいですね。
地球ドラマチック

地球ドラマチック 「イギリス恐竜図鑑 第2回ティラノサウルスの祖先」

は巨大草食恐竜の獣脚類などについて。膨大なカロリーが必要なようですが、植物から摂れていたんですね。 骨から再現される草食恐竜と肉食恐竜の戦いは迫真です。 ここでは肉食恐竜が勝ったようですが、恐らく現代がそうであるあ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました