2020-02

スポンサーリンク
海外ドキュメンタリー

BS世界のドキュメンタリー「執事が見たイギリス王室」

は英国王室の知られざる内実。 日本の皇室というよりは江戸幕府の大奥に近い。皇室の内実が良くわからないからでもありますが。 どちらも封建領主なんですね。 秘密の厳守が要求されることは同じだ。 大奥に勤めた人材は...
将棋

2020年2月27日 A級順位戦 将棋界の一番長い日 【詳報】羽生九段「反省、多い1年だった」 深夜の終局

は佐藤康光対羽生善治戦の深夜の中継を観たんですけど、秒読みの激戦が見応えがありましたね。 崩壊しかけた穴熊への手の入れ方が難しかったですが、2一角から3二金が羽生九段らしいひらりとした手。 あらゆる人がもっと埋めたくなる...
地球ドラマチック

地球ドラマチック「徹底解剖!古代中国の兵馬俑」

は兵馬俑研究の最前線を巡る感じの番組。 しかし職人は勝手に駆り出されて出来が悪いと殺されるし完成させても殺されて一緒に埋葬されるし行くも地獄帰るも地獄。酷い人権状況だ。 兵馬俑は極限的な芸術なのだなと改めて思わされ...
将棋

第69回NHK杯テレビ将棋トーナメント出場女流棋士決定戦 放送日時:3月24日 その2

里見香奈女流名人と西山朋佳女王の決勝は相振り飛車。 以前の相振り飛車はどちらが先に角交換をするか、角道を止めるか、隠微な戦いが続いたものなのですが、里見香奈女流名人は2二角成といきなり角交換。ほとんど同型で後手の形になりましたが良い...
将棋

第69回NHK杯テレビ将棋トーナメント出場女流棋士決定戦 放送日時:3月24日 その1

一局目は西山朋佳女王のゴキゲン中飛車に対して渡部愛女流王位は神吉流中飛車を拒否して神吉流穴熊に。しかしこれらの戦法を神吉流といっている人を神吉さん本人以外ほとんど見かけないんですけど、どうなっているのでしょうか?解説も当然言及せず。 ...
将棋

第69回 NHK杯テレビ将棋トーナメント 3回戦第2局  斎藤慎太郎七段VS豊島将之竜王名人

【対局】竜王・名人…豊島将之,七段…斎藤慎太郎,【解説】八段…山崎隆之,【司会】女流二段…藤田綾 は新世代の頂上決戦。 先手の斎藤慎太郎七段が昭和の時代に指されていた脇システムを採用したと山崎隆之八段が解説しながら...
国内番組

英雄たちの選択「開国阿部正弘・不屈の外交戦略」

この番組の等伯の特集では牧谿に触れられなかったですし、阿部正弘の特集では岩瀬忠震が出てこなかったですね。ここを出さないだけで、業績の独立性がかなり変わってしまうでしょう。 阿部正弘がペリーに対する対応で国内で広く意見を募ったことは、...
将棋

第27期竜王戦七番勝負

森内前竜王は4局目の逆転負けがもったいなかったですね。 最終局のひたすら穴熊を埋める方針は参考になりましたし、これはネットの将棋の影響でしょう。早指しのネットではとにかく自玉回りが固い方が勝ちやすいんですよね。 第...
宗教・思想・哲学

2014年10月22日 クラシック倶楽部 ザ・ジョン・ケージ

2014年10月22日のクラシック倶楽部は「ザ・ジョン・ケージ」と銘打ってジョン・ケージ特集。ついにテレビで「4分33秒」が聴けるのか!と思いつつ観ると、案の定プログラムの最初だったのですが、なんと曲が始まったのもつかのま、それをバックグ...
宗教・思想・哲学

“ウソつき”は脳で分かる…京大研究G発表

のように人が倫理を逸脱する時のメカニズムが明らかになりつつありますが、いわゆる「煩悩」という概念の確かさが、こういった実験から裏付けられたのではないかと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました