スポンサーリンク
音楽

パスカル・ロジェ / 小林 美恵 / 長谷川 陽子 トリオ・リサイタル

衛星での放送です。 「ピアノ三重奏曲 第2番 ハ短調 作品66( メンデルスゾーン作曲 ) 」は構成が確りした感じの曲で、主題の変奏・反復が多いですが、ロジェのピアノはその描き分けが見事で、繊細な人です。 激さない洒落たピアノで、一般的なフ...
スポーツ

北京オリンピック

オリンピックを観ていました。とはいえ、ちゃんと観たのは初めてですねぇ。 色々な要素も有りますが、やっぱりスポーツっていうのは、全人格的な戦いだと思います。観ていて単純に美しいですよね。 その反動で日本の政治のニュースを見る気が全く無くなって...
美術

出光美術館 没後170年記念 仙厓・センガイ・SENGAI ―禅画にあそぶ―

最終日に行って来ました。 凄まじいコレクションでしたね。出光の創業者が博多出身で仙厓さんが特に好きらしく、集中して蓄集されたのだそうです。 今回は仙厓さんについてかなり予備知識を入れてから行ったんですけど、知るほど仙厓さんの良さが身に沁み...
音楽

ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルハーモニー アルプス交響曲 1962年

ムラヴィンスキーは有る作曲家の特定の曲を繰り返してやる傾向の有る指揮者で、モーツァルトなら39番を良く振っている印象が有りますし、リヒャルトシュトラウスならこのアルプス交響曲を良く振っている印象が有ります。リヒャルトシュトラ...
将棋

第19期竜王戦七番勝負第7局一日目

この戦型ってやっぱりトッププロでも出るんですね。 端歩の関係はともかくとして結構見かける局面のわりに指針となる定跡書が少ないので、十年位前に一人で研究していた事があったんですが、その内容は大抵36銀と出る型で46銀は不明です(笑) 銀挟...
将棋

第19期竜王戦七番勝負第6局

渡辺竜王の74歩が笑えました。といいますが、あの手を竜王戦で堂々と指す所が素晴らしいと思いました。 今シリーズは正直佐藤棋聖の調子の方が良いかなと思っていたんですが、結局最終局で決まることになりました。 佐藤棋聖の32金と併せて自由で現...
将棋

第19期竜王戦七番勝負第1局

何か壊滅的に渡辺竜王の調子が悪いように感じました。 反撃が中途半端で、67歩とか打った辺りでは既に苦しいのかもしれませんね。 やっぱり研究しまくって横歩取りでガンガン行くのが渡辺竜王らしいかと思うんですけど、もしかしたら今季の渡辺竜王は...
スポーツ

大相撲秋場所14日目

今日の結びの一番はやっぱり千代大海は朝青龍の髷を掴んでいましたよね。 掴む千代大海は興奮していたのでしょうが、審判団はビデオ再生っていう秘密兵器も有る訳ですから、焦らないでちゃんと見ないとだめですよねぇ。 千代大海の取り組み後の「良い相...
国内番組

プロフェッショナル~仕事の流儀 羽生善治

プロジェクトXの後釜番組ですが、毎回見ています・・・て、これは情熱大陸の拝借番組といっても構わないのでは・・・・。 元々NHKはトップランナーという似たような番組を抱えているので、非常に微妙な形だと思います。 まぁ、どれも全部大体すべて...
将棋

第16回世界コンピュータ将棋選手権

ボナンザって言うソフトが優勝しました。 これフリーなんですよね?凄い快挙ですね。 エキシビジョンで加藤さんにボコられてましたけど。 一手損角換わりをコンピューターに指すって言うのは自然体でしたね。 コンピューター同士の戦いを見ている...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました