情熱大陸 小林愛実

小林さんのピアノは迫力がある代わりにやや粗い印象で、それは観客との間で育まれてきたものでしょう。舞台映えのする音です。にわかに連想するのはアルゲリッチですね。

でも、やっぱりコンクール向けの演奏とはちょっと違うので、無理して合わせなくてもと思う面はあります。

あとこれだけ身長が小さいと、手の大きさも壁なのかなと思うのですがそういうことは番組中では感じさせませんでしたね。

どんな分野でもそうですけど、音楽家には出来るから楽しいという人と音楽が好きだからという二タイプがいます。どちらかというと前者寄りの人なのかなということは感じましたね。

「孤独」というキーワードが出てきましたし、悲壮感を感じましたけど、そういった印象もそこから来ているのかなと思います。

音楽に感動する体験を積み重ねて行って、成長していただきたいな、と感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました