7月26日 Nスタ


最後の夏は、ベンチの中で... 大船渡・エース佐々木の温存に「英断」「残念」
第101回全国高校野球選手権岩手県大会決勝が2019年7月25日、岩手県営球場で行われ、花巻東が大船渡を12-2で下し、2年連続10回目の甲子園出場を決めた。プロ注目の大船渡・佐々木朗希投手(3年)はこの日、ベンチスタートとなり、途中登板に期待されたが結局、登板の機会は訪れず、佐々木投手の最後の夏は終わった。エース佐々...

について。
歯に物が挟まっているかのようにもごもごしながらも国保監督を批判する高校野球の「名」監督たちのコメントと、故障をして野球人生を棒に振った元沖縄水産の悲運のエースを対置。

監督たちは今回のことを肯定すると自分たちの否定につながるから褒めることができないのでしょう。(普通の人はなんと真実に対して愚かな存在であることか。)

監督たちは責任取れるのか。また、責任を取らなくて済む仕組みが今までだったわけです。

選手が故障したら最低、故障しなかった際に予想される生涯賃金を建て替えればよいんだよ。

金村義明氏はいかにも佐々木選手の気持ちを推しはかるように装って、それを使って批判しているやり方が卑怯だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました