(平成とは 取材メモから:70)9・11と日本:3 焼けつくような視線

(平成とは 取材メモから:70)9・11と日本:3 焼けつくような視線:朝日新聞デジタル
 小泉純一郎首相の2001年8月の靖国神社参拝は、米国でも大きなニュースとなった。 米ABC放送が15日夜、ニュース番組「ナイトライン」で取り上げた。ゲストは在米コリアンの歴史学者、第2次大戦を経験し…

は丸山眞男の無責任の「思想」が、国内において戦争犯罪を追及させないのみならず、統治のためにアメリカに生かされた戦争犯罪者たちを為政者に抱える日本の、自国を(詭弁によって)擁護するための、外交的な紋きり言葉になっていたのだなということを示すやりとり。

チャン氏の言葉は結局それは未だに責任を自覚していないに過ぎない、という意味といえるでしょう。
言葉そのものを取り上げればそれはその通りだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました