長崎、74回目の原爆の日 浦上天主堂でミサ

長崎、74回目の原爆の日 浦上天主堂でミサ
長崎は9日、被爆から74回目、令和初となる原爆の日を迎えた。爆心地近くの長崎市の平和公園では平和祈念式典が開かれ、原爆投下時刻の午前11時2分に被爆者や遺族、安倍晋三首相や各国代表ら参列者が犠牲者に黙とうをささげる。【関連記事】・浦上天主堂でミサ、信徒ら平和の祈り・被爆経験「未来へつなぐ」 高校生平和大使ら決意田上富久...

の長崎市長の演説は戦争責任について何も言わないのが極めておかしい。

当時の中枢の名を一人一人読み上げて追及するべきです。

誠意により話すのであれば、脱原発への決意も必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました