「社説 リニア新幹線 公費の投入は話が違う」

社説:リニア新幹線 公費の投入は話が違う | 毎日新聞
 JR東海が建設中のリニア中央新幹線に、国の資金が投入される方向だ。政府は近くまとめる大規模経済対策の柱にリニア支援を据える。  国が財投債と呼ばれる国債を発行して約3兆円調達し、それを長期、固定の超低金利でJR東海に回す。同社の負担が軽くなる結果、借金の残高が一定以下に減るまで待つ予定だった名古屋

リニアについてはいつの間にか公費が投入されているのも問題だ。

あれだけ税金を投入しないと、メディアで色々な論者に主張させておいて、プロジェクトが軌道に乗り出してからの税金投入。これを卑劣なまやかしといわずになんと言おう。

しかもそもそもJRは半官半民的な立場だ。JR北海道の惨状などを放置しておいてドル箱路線を抱えるJR東海による工事。

そもそもが必要なインフラ費を差し引いた、いわば税金の付け替えに過ぎないのが実態だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました