演奏者の心理ピタリ 直木賞・本屋大賞、恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』 音楽家らが読むと…

アニメ・マンガ
演奏者の心理ピタリ 直木賞・本屋大賞、恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』 音楽家らが読むと…:朝日新聞デジタル
 直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸(りく)さん(52)の小説『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)は、クラシックのピアノコンクールを題材にしている。曲や演奏者心理の描写が重要な部分を占める作品を、プロの音楽家…

では「のだめ」の延長線上で売れた小説だと片山杜秀氏。読んでないけどそうなんでしょうね。

要約するとあこがれはあるけど実際聴くのは面白くないと感じる人が多い分野なんでしょう。

実際に聴くより遠くからあこがれを燃焼させた方が楽しいのだと思う。そこに小説や漫画がフィットするのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました