ヤクルト 2番から山田哲、青木、村上 中日は柳が先発

スポーツ
ヤクルト 2番から山田哲、青木、村上 中日は柳が先発/デイリースポーツ online
 「練習試合、ヤクルト-中日」(2日、神宮球場) 待ち焦がれた“球春”へ。ヤクルトは6・19へ向けた、勝利へのデモンストレーションにしたい。

とのことで最近はメジャーで2番を強打者にするのが流行っていてその影響かなとも思うんですけど、どうなんでしょう、これは一番が打ったらバスターしていくということなんですかね?
メジャーは送りバントをしなくなったから2番に強打者を置けるんですよね。
データ的に送りバントはしない方が良いというデータが出ているのでそれでもしている日本球界がよくわからないのですが、ここで悪習を断ち切るということなのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました