住宅街で道路陥没 原因は? 付近のトンネル工事いったん中止

社会
住宅街で道路陥没 原因は? 付近のトンネル工事いったん中止 | NHKニュース
【NHK】18日午後、東京 調布市の住宅街で、道路が幅5メートルにわたって陥没しているのが見つかった問題で、付近の地下でトンネルを…

はシールド工法で地下40メートルを掘っていたら開いたとのこと。中間に空洞があった可能性があるとのこと。

シールド工法で掘っている間地上では振動・騒音が発生し、住宅の壁にはひび割れが出たとのこと。
ボスポラス海峡のようなところでは力を発揮するシールド工法ですがこのような欠点もあったんですね。

でやっていたモグラ型の工法の実現が俟たれるのでしょうか。

「10月19日 報道ステージョン」では専門家の会見をもとに専門家が解説。もともと空洞があったか土を取り過ぎたかのどちらかであろうとのこと。

一つは、空洞があったとしてそのような空洞はどのようなメカニズムでできるのかというのが気になります。

あと私は、振動によって液状化現象が起きたのではないかという可能性を感じているのですが、原因に挙げられない理由を知りたいですね。

40m以下は土地の所有者の許可なしに掘ってよいという法律ができたことで、こういったことが横浜などほかでも起きているとのこと。
この法律もまた公益との間で難しいですよね。たとえば土地の所有者であるときに温泉を掘りたくなったりする人もいるでしょう。そういう時に掘れなくなる。明らかに私有財産の価値を減らされる行為であり、そこは補償されねばなりません。再考が求められる法律だ。
国にとって地下の価値が上がったから作られた法律でしょうけど同時に民間においても地下の価値が上がっています。

現場では陥没以外も家のひび割れや住宅の陥没・隆起などがたくさん起きているらしく悲惨だ。今回大ごとになってそういう人たちが救われれば運の良いことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました