スポンサーリンク
国内番組

映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』

お正月に放送されたものを視聴。 ダ・ヴィンチの周りの人に証言させる形で物語は進んでいき、合間に研究者の証言が挟まる構成だ。 当然ながら映画仕立てで、演者を通じて当時の人たちの気持ちが入って来るようで楽しかったですね...
国内番組

1月8日東京オペラシティ公開収録「題名のない音楽会」「ウィーンの頂点の音楽会」2週連続スペシャル ウィーン・リング・アンサンブル 後半

休憩を挟んで二本撮りの第2部は ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 ミヒャエル・ロート編曲 から。この手拍子はいかにもニューイヤーですよね。 色々なワルツがあって、コミュニティの音楽のフルコースのようだ。 ...
Classicalmusic

January 8th, Tokyo Opera City Open Recording “Untitled Concert” Vienna Ring Ensemble First half

I was lucky to win a lottery so I went there Until I saw the program at the venue, it was like a handbell concert, s...
国内番組

1月8日東京オペラシティ公開収録「題名のない音楽会」「ウィーンの頂点の音楽会」2週連続スペシャル ウィーン・リング・アンサンブル 前半

運よく当たったので行って参りました。 会場でプログラムをみるまで、ハンドベルの演奏会なのかなぁ、という感じで来ていたのでびっくり。 元コンサートマスターのキュッヒル氏を中心に集まったウィーンフィルの精鋭9名のアンサンブルとのこ...
スポーツ

2017年12月9日 久米宏 ラジオなんですけど その3 ゲスト セルジオ越後

スポーツコーナーはセルジオ越後氏がゲスト。 クラブ活動が良くないと指摘。そのせいで集団競技はまるで日本は勝てないのだそうです。 またスポーツが教育の一環に留まっていて、学校名ばかりがクローズアップされる。良い大学でスポーツもできると...
歴史

信長の野望に異議あり 天下統一を目指していなかった?

は結局、信長を司馬遼太郎氏が現代人に極限まで引き寄せた英雄にでっち上げたということですよね。 文化領域と同じで現代に解釈を引き寄せることでベストセラーになり、その間違えを学者が批判しない日々が長く続いてきました。 ...
歴史

歴史街道 2019年4月号

では「世界情勢◎その時、西洋と東洋で何が起きていたのか:河合敦」や「「キリスト教伝来」と「鎖国」の裏側にあるもの:佐藤賢一」など、秀吉の明征服の野望をトルデシリャス条約に対抗する動きとして捉えるのが共通の記述。 最新の研究だと...
国内番組

何がダ・ヴィンチを天才にしたのか?「フィレンツェのレオナルド」修業時代の謎

は専門家二人による現地調査。 血縁に窯焼き職人が多かったらしく、そこで焼き物に親しんだりした子供時代を送ったらしい。 私生児扱いで正式な教育は受けられませんでしたがその分他のものをたくさん学べそうな環境だ。 ...

ららら♪クラシック モーツァルト、夜の女王アリア/心変わりは突然に

は「魔笛」について。 初演はモーツァルトの奥さんの姉妹の長女ヨゼーファ。 コンスタンツェは三女です。 怒りが燃えているのに綺麗な音楽だね~、などと宇野功芳先生の解説を脇に置いて聴いていたのですが、非人間的な超絶技巧を駆使することによって怪...
スポーツ

2018年12月9日 フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2018

この番組だけではないですけど、基本的なところを確認すると、今は昔みたいにVTRの時にVTRというロゴが出ないんですよ。 ショートの再放送を何回流してもわからない。フリー本番なのかと誤認させられる。 20年ぐらい前からなし崩しになってやらな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました