頼れぬ凍土壁、遠い廃炉 福島第一、汚染水対策の行方 台風、地下水が大量流入

頼れぬ凍土壁、遠い廃炉 福島第一、汚染水対策の行方 台風、地下水が大量流入:朝日新聞デジタル
 東京電力福島第一原発の汚染水対策の「切り札」として、東電と国が建設した凍土壁。345億円の国費が投じられた。ほとんどの地点が凍ったとみられるが、大雨が降ると建屋に流れ込む地下水が急増するなど、頼りな…

では凍土壁以外の工法がたくさんあったというのに、今になっても、それを伝えず今回も振り返らない。

メディアはなぜそのような偏向報道をすることになったのか。いまだに振り返らないのか。総括が必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました