中国、台湾人材3000人引き抜き 半導体強化へ

中国、台湾人材3000人引き抜き 半導体強化へ
【台北=伊原健作】中国が高度な半導体人材を抱える台湾からの引き抜きを加速している。対象は世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)の経営幹部から現場技術者まで幅広い。中国が2015年に半導体強化を打ち出

これも自由社会からの「拝借」だ。
中国はまだ自国の人材でイノベーションを起こせることを証明していない。
自由経済の歯車を自らの力で回すことができるのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました