テレ朝「社員がセクハラ被害」 財務省に抗議へ

テレ朝「社員がセクハラ被害」 財務省に抗議へ:朝日新聞デジタル
 テレビ朝日は19日未明、記者会見を開き、財務省の福田淳一事務次官を取材した女性社員がセクハラの被害を受けたと発表した。同社によると、女性社員は次官とのやりとりを録音していた。篠塚浩取締役報道局長は「…

について2018年4月19日の「羽鳥慎一モーニングショー」では玉川氏は
報道機関の第三者への情報提供ということで毎日新聞のオウム真理教への情報提供を思い出させるが、今回は違うと否定していましたが、そもそもオウム真理教は第三者ではなく、まったく違うものであって、これをわざわざとり上げて否定してみせる思考自体が疑問だ。

更に玉川氏は、財務省に被害女性が、出ろって言われていたので「でます」というのが今回の発表だとのことですけど、出ていないでしょう。
それに、それで「出た」わけではなくて、朝日新聞が隠蔽しきれなくなったということでしょう。

記者クラブに対する批判に応えるためにも、まとまって行動した、とのことですけど、まとまっていませんし、

自分は社員だからということで発言したのかもしれませんが、彼女を追い詰め、ひいては社会の腐敗の原因になっているのは、自分及び社優先の姿勢だ。

朝日が政権と癒着していることなどを知らないふりをしてごまかすことしかできない。

自分がごまかしていることを知りつつ異端ぶるのはかつての太田光と重なります。

古賀茂明氏の言葉を借りれば偽善者というべきだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました