歴史街道2019年9月号特集2 「税金」が世界史&日本史を変えた 【世界史編】古代ローマ、フランス…  有力者から税を徴収できないと国家は衰退する 大村大次郎

歴史
歴史街道2019年9月号「三国志・五大決戦――何が明暗を分けたのか」 | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの歴史街道2019年9月号「三国志・五大決戦――何が明暗を分けたのか」。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また歴史街道2019年9月号「三国志・五大決戦――何が明暗を分けたのか」もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

は歴史的な税制をおさらいしつつ、有力者から税を取れない社会は危ういという結論。

タックスヘイブンがあって有力者から税が取れなくなっている現代は非常に危ういという歴史の教訓です。

国際社会的に言えば、(シャープパワーと並んで)タックスヘイブンは現代社会のすべての元凶とすら言ってしまってよいと思う。

征服地の徴税方法を踏襲したというのはローマの(隠れた)領土拡大の秘訣だったんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました