歴史街道2020年1月号  モンゴル帝国、ロスチャイルド…かくて明暗は分かれた 大村大次郎

歴史
歴史街道2020年1月号
◆今月の特集1は、「戦国合戦・究極の選択――男たちの決断が歴史を変えた」です。 実力次第で出世し、大名、果ては天下人にまで成り上がることも可能だった戦国時代。 しかしその反面、一つの判断がその身を滅ぼすことにもつながりました。 戦国を生きた男たちは、いかなるときも「究極の選択」をしていたといえます。 本特集では、そうし...

はモンゴル帝国の相続の下手さが強調されていましたけど、大カアンのクビライのもと緩やかな連合国家を形成してきた形がかなり有効であったさまが杉山正明氏のモンゴル史の本には書いてあります。

専門家によって肩入れされない客観的な意見の可能性もありますけど、客観的にもこの時代にこれだけの巨大領域を支配するにはそのような連邦制しかなかったのではないかと個人的には感じたりもするのですがどうでしょう。



ロスチャイルドは結束の強さが印象的だ。家族内で裏切り者が出ずに支え合えるのはきっと、周りは異教徒で敵ばかりという環境が大きいのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました