永瀬王座、3勝2敗で初防衛 久保九段降す 最終局で振り切る

将棋
永瀬王座、3勝2敗で初防衛 久保九段降す 最終局で振り切る - 毎日新聞
 将棋の第68期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第5局は14日、甲府市で行われ、永瀬拓矢王座(28)が挑戦者の久保利明九段(45)に110手で勝って3勝2敗で初防衛を果たした。永瀬は通算タイトル獲得3期で規定により九段に昇段した。

は久保九段のゴキゲン中飛車に対して5四歩からの乱戦。コンピューターの判断は互角で、後手でこれで互角ならやってみたいところですよね。永瀬王座はそこまで調べているのでしょう。
コンピューターによって乱戦の可能性が掘り起こされている一つの例といえるでしょうか。

最後粘りも及ばず無念の投了に追い込まれた久保九段ですが、コンピューターの示した手で指され無かった手の中にはそこそこ面白い粘りの手があって面白かったですね。これが「助からないと思っていても助かっている」という言葉の真実なのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました