美術

スポンサーリンク
国内番組

NHK クローズアップ現代+ 2019年9月25日(水)「ウサギの彫刻」に100億円!? 現代アート高騰の舞台裏

は現代美術についてやるも資金洗浄についても投機についてもやらない特集。 美術的価値に話題を集中させるために省いた可能性はありますけどそもそも美術的価値はこういったことなしには全く成り立たないでしょう。 日本の市場の...
美術

(文化の扉)ジャポニスムの魅惑 「素朴で謎めいた国」ゴッホら刺激 その2

文中のようにジャポニスムの終わりはとかく日本の軍事大国化と結び付けられがちですけど、明治時代に近世以来の文化を捨て創造力を失ったことが大きいだろう。 当時の欧州は日本からの創造的な新人を期待していた節がありますけど、そういう人は現れ...
美術

(文化の扉)ジャポニスムの魅惑 「素朴で謎めいた国」ゴッホら刺激 その1

のジャポニスム「買いかぶり」「誤読」説は久方ぶりに聞いた気がしますけど、以前の美術の認識を引きずっている人はまだそういう考えなんですね。 かつては安野光雅画伯などよく言っていました。 当然ですが浮世絵などはそれその...
海外ドキュメンタリー

BS1スペシャル「ダビンチ 幻の肖像画」

はダヴィンチの肖像画っぽい絵が見つかったという話。その絵のコピーは知られているのだが、オリジナル自体は失われていたものとのこと。 今まで数世紀にわたってダヴィンチの自画像だと信じられていたウフィツィ美術館の肖像画は最近に...
海外ドキュメンタリー

スペイン:サグラダ・ファミリア 原題:Access 360° World Heritage[Sagrada Familia]

はサグラダ・ファミリアを取り巻く重層的な諸相。 外尾悦郎氏のカトリックの改宗が(特に西洋側からみた場合)物語に厚みを生み出している感じです。 しかしスペイン内戦でこんなに徹底的に破壊されたんですね。 核となる模型を壊...
海外ドキュメンタリー

BS世界のドキュメンタリー 「二枚目のモナリザの謎」

はモナリザの謎に迫るドキュメンタリー。 フィレンツェは記録がたくさん残っているのが良いですね。 欧米より日本の方が書かれた記録が多くて古文書の研究者が途方に暮れているという話を聞きますけど、本当にこの巨大なアーカイブより多いのでしょ...
美術

出光美術館 開館50周年記念 美の祝典Ⅱ― 水墨の壮美 その5

「破墨山水図」は雪舟がにじみで上手く湿潤さを出しているとのこと。日本の湿潤な水墨画の原点的な手法なのでしょうね。 文人画のコーナーは充実の極み。 田能村竹田の「梅花書屋図」は繊細な筆致。 岡田半江の「春山閑居図」はたたみかける山の...
美術

東京国立博物館 特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」その1

行って参りました。 まずは巨大な秘仏「十一面観音菩薩坐像 平安時代・10世紀滋賀・櫟野寺蔵」が会場の中央に。どうやって運んだのか不思議なくらいです。 仏像としてはバランスの良いプロポーションをまずは感じます。しかし下から見上げてちょうど...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました