ベストオブクラシック~若き4人のピアニスト 8手の競演~公開収録 2016年8月11日NHK509スタジオ その7

休憩後は4人の決め曲をそれぞれ披露ということで黒岩航紀氏の

ブラームス パガニーニの主題による変奏曲 イ短調 作品35

から。

あんまり聴いたことが無かったんですけど、リストの「パガニーニによる大練習曲」のようにパガニーニの主題によって技巧的な曲を作ったようで、ピアノの奏法の可能性を追求したものとのこと。

黒岩氏は、この曲によって「そのピアニストの価値がわかる」とのコメント。

技巧がすごくて音が飛ぶので結果的にリズム音楽的な雰囲気も。ジャズが得意な黒岩氏の勝負曲だというのがわかる感じでしたね。

一方で濃厚だったり透明度の高いパッセージも挟まれていて、堪能させてくれる演奏です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました