(文化の扉)ジャポニスムの魅惑 「素朴で謎めいた国」ゴッホら刺激 その1

美術
(文化の扉)ジャポニスムの魅惑 「素朴で謎めいた国」ゴッホら刺激:朝日新聞デジタル
 日本のアニメやマンガは海外で人気だ。だが昔を振り返ると、19世紀半ば~20世紀前半に浮世絵などの日本文化が西洋で大流行。現地では、新たな芸術まで生まれた。フランス語で「ジャポニスム」と呼ばれる現象は…

のジャポニスム「買いかぶり」「誤読」説は久方ぶりに聞いた気がしますけど、以前の美術の認識を引きずっている人はまだそういう考えなんですね。

かつては安野光雅画伯などよく言っていました。

当然ですが浮世絵などはそれそのものが絶対的な価値を持っています。

近世以前の日本文化に対する無理解。これこそ日本の宿痾です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました